建設業許可

建設業許可とは?

建設業を請け負う場合には、原則として建設業法に基づく許可が必要になります。

それが建設業許可です。

建設業許可が必要な場合

上記のとおり、建設業を請け負う場合は、原則として許可が必要となります。

ただし、「軽微な建設工事」を請け負う場合、必ずしも許可は受けなくてもよいこととされています。

軽微な工事とは、
◎建築一式工事(住宅の新築、増改築などの総合的な工事)の場合
⇒一件の請負金額が1,500万円未満の工事
または延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅工事(延べ面積の2分の1以上を居住用に供するもの)

◎建築一式工事以外の建設工事の場合
⇒一件の請負金額が500万円未満の工事

許可の種類

建設業許可は、営業所の設置場所により、知事許可(都道府県知事許可)と大臣許可(国土交通大臣許可)に分かれます。
営業所が1つの都道府県にある場合は知事許可、2つ以上の都道府県にある場合には、大臣許可を取得することになります。

例)神奈川県のみ営業所がある
⇒神奈川県知事許可
例)神奈川県に本店があり、東京都に営業所を設ける(本店、営業所ともに建設業を営む)
⇒国土交通大臣許可

建設業許可の要件

建設業許可を取得するには、次の5つの要件をすべて満たす必要があります。
1、経営業務の管理を適正に行うに足りる能力がある
2、専任技術者がいる
3、誠実性
4、財産的基礎
5、欠格要件等に該当しない

※法人と個人事業主

よく、「会社(法人)じゃないので建設業許可は取れないですよね?」というご質問をいただきますが、個人事業主の方も要件を満たせば、建設業許可の取得は可能です。

要件についての詳細はこちらの記事に記載しておりますので、興味がございましたら、ぜひご覧ください!→建設業許可の要件とは?│大鐘行政書士事務所 (oggs-office.com)

必要な手続き

建設業許可の申請から許可までは、以下のような流れになります。
1、申請書等の作成
2、申請書等提出(受付時に審査あり)
3、審査⇒許可
4、許可通知書到着

※建設業許可を取得するまでの期間

「建設業許可はどのくらいで取れますか?」というご質問もよくいただきます。

大体3か月くらいが目安です。

3の審査から許可が出るまで、神奈川県では「おおむね50日」(「建設業許可申請の手引きー令和4年度版-」より)となっております。

1、申請書等作成から2、申請書等提出までを1か月くらいとし、書類作成から許可が取れるまで、大体3か月くらいをイメージして、スケジュールを組んでいきます。

書類作成期間は難易度等により異なる場合もありますが、大鐘行政書士事務所では、書類の作成を迅速に行い、貴社に最適なスケジュールで許可取得を目指します!

料金

◆建設業許可 新規申請プラン

サポート内容申請先許可区分法定申請手数料
(証紙代)
当事務所報酬
(税別)
合計金額
(税別)
建設業許可
新規申請
知事一般90,000円120,000円210,000円
特定90,000円170,000円260,000円
大臣一般90,000円200,000円350,000円
特定90,000円250,000円400,000円

◆建設業許可 更新・業種追加プラン

サポート内容申請先許可区分法定申請手数料
(証紙代)
当事務所報酬
(税別)
合計金額
(税別)
更新知事一般50,000円70,000円120,000円
特定50,000円100,000円150,000円
大臣一般50,000円120,000円170,000円
特定50,000円150,000円200,000円
業種追加知事一般50,000円70,000円120,000円
特定50,000円100,000円150,000円
大臣一般50,000円120,000円170,000円
特定50,000円150,000円200,000円

◆建設業許可 決算変更届・各種変更届プラン

サポート内容当事務所報酬
(税別)
合計金額
(税別)
決算変更届30,000円30,000円
経営業務の管理責任者
専任技術者
50,000円50,000円
役員、資本金、商号20,000円20,000円

報酬額表は税抜き表示です
法定の消費税を乗じた金額をご請求いたします。
報酬額は基本料金となっております。
難易度により(申請業種数、専任技術者の10年実務等)多少の変動がございます。
事前にお見積りを提示いたします。(初回相談無料)
※登記簿謄本、納税証明書等、当事務所での代行取得をご希望の場合、実費をご請求いたします。

ご相談の流れ

1、まずはお問合せフォームもしくは、お電話にてお問い合せください。
簡単にヒアリングさせていただきます。
その後、お打合せ日程を調整します。
※対面もしくはWEBにて対応させていただきます。

お問合せフォームはこちら(24時間受付)
電話:080-2095-0630
(受付:平日9:00~17:00)

2、お打合せ当日
ご依頼内容を詳しくお伺いいたします。
内容によっては、資料のご持参をお願いする場合もございます。
その場で(調査が必要な場合には後日)お見積りを提示させていただきます。

3、ご依頼
正式にご依頼いただきましたら、ご請求書を発行いたします。
入金確認後、書類作成、申請等の流れとなります。

大体の流れは以上となりますが、案件により異なる場合もございます。
まずはお気軽にお問合せください!

大鐘行政書士事務所について

大鐘行政書士事務所3つの特徴

1、丁寧に分かりやすく対応

分かりにくい専門用語なども分かりやすく、丁寧に説明させていただきます。

2、建設業許可に強い

行政書士として数多くの申請・届出実績があります。建設業許可に関連する産廃や電気工事業登録等もお任せください!

3、初回相談無料

不安なことや気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください!

建設業許可に関する記事

・建設業許可とは?

・建設業許可の要件とは?

神奈川県の建設業許可申請は、作成から提出までお任せください!

建設業許可の決算変更届は、作成から提出までお任せください!

・建設業許可票の掲示義務について

・建設業における、元請負人と下請負人の関係で気を付けるポイント(見積条件の提示等)

・神奈川県の建設業許可申請に必要な証明書類について

・神奈川県の建設業許可の更新は、作成から提出までお任せください!

横浜市泉区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市戸塚区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市瀬谷区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市旭区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市港南区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市保土ケ谷区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市南区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市西区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市神奈川区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市港北区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市中区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市栄区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市都筑区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市青葉区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市緑区で建設業許可を取得したい事業者様へ

横浜市鶴見区で建設業許可を取得したい事業者様へ

神奈川県で管工事業の建設業許可取得をお考えの事業者様へ

神奈川県で建設業許可・経営事項審査をお考えの事業者様へ

横浜市磯子区で建設業許可を取得したい事業者様へ

神奈川県で電気工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で内装仕上工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で屋根工事の建設業許可を取得する!

横浜市金沢区で建設業許可を取得したい事業者様へ

神奈川県で塗装工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で大工工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で石工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で左官工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で舗装工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で鉄筋工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で防水工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で建具工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で とび・土工・コンクリート工事 の建設業許可を取得する!

神奈川県で タイル・れんが・ブロック工事 の建設業許可を取得する!

神奈川県で しゅんせつ工事 の建設業許可を取得する!

神奈川県で熱絶縁工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で電気通信工事の建設業許可を取得する!

神奈川県で造園工事の建設業許可を取得する!

神奈川県藤沢市で建設業許可を取得したい事業者様へ

神奈川県平塚市で建設業許可を取得したい事業者様へ

神奈川県鎌倉市で建設業許可を取得したい事業者様へ

建設業許可取得のメリットとデメリット

建設キャリアアップシステム(CCUS)について

建設業許可通知書とは?

建設業許可通知書を紛失してしまった場合、再発行はできる?

建設業許可の承継とは?

建設業許可を持っていない事業者が500万円以上の工事の依頼があった場合の対応

建設業許可を取らずにできる工事とは?

専任技術者とは?どんな人がなれる?

建設業許可取得後の手続きについて

神奈川県で建設業許可を取得するまでの道のり

建設業許可の財産的基礎等の要件について

建設業許可における所在地変更の手続き

【建設業許可の要件】誠実性について